2012年03月30日

マクラーレンMP4−26 パート15

ボディのミラー塗装で苦労してます〜。先日スーパーミラーUを吹いて、その後水性のクリアーふぉ吹きましたが、下地のキズが目立ってしまい、そうしても納得できないのでスーパーミラーUと水性クリアーのみ塗装を剥がしました!
MP4-26-40.JPG
ウレタンクリアーでコートしてあるので下地はなんとか確保できてます。

再度研きの甘かった部分を研いてスーパーミラーUを
MP4-26-41.JPG
今回は1回吹きで終了。かなりのミラー状態です! 

先回はスーパーミラーUの上に水性クリアーを吹きましたが、今回はウレタンクリアーを吹きます。前に試し吹きをした時とは違い、下地を実際のボディと同じ工程で仕上げたジャンクパーツにウレタンクリアーを吹いてみたところ、いい感じでしたので決行します!
MP4-26-41 (2).JPG
結果はこんな感じです。個人的にはキラキラ感が少し減った程度でベストな状態だと思います。十分乾燥させてノーズのオレンジ部分を塗装後、デカール貼りに入ります。やっとここまでこれました〜・・・。長い道のりで〜・・・(汗) まだボディ塗装は1台のみですので、2台目もボディ塗装に入ります。
posted by Matsumoto at 13:24| 愛知 ☁| Comment(2) | マクラーレンMP4−26 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

マクラーレンMP4−26 パート14

ここ最近は毎夜会議や打ち合わせなど色々ありすぎてほとんど製作もできませんでした〜・・・。体もかなり疲労感たっぷりでだらだら状態、昨日は久々に1日何も予定が無くゆっくり休みが取れましたので1日製作をーと思っていましたが起きたのが昼過ぎ、久しぶりにゆっくりたっぷり睡眠をとり、意欲満々に製作開始したのですが・・・。

スーパーミラーUを吹くための下地処理を入念にして、いざ塗装を!
MP4-26-38 (2).JPG
何度か試し吹きをしていたのでスーパーミラーUを吹く感覚はOKなはず。しかし、いざ実際のボディに吹くときは緊張です〜。軽く薄く吹きつける感じでさらっと! 下地のブラックが隠れきる前に終了。乾燥後、もう一度さらっと吹きました! 本当は1度吹きの方がミラー感が出るようなのですが、下地を隠そうと思うと厚吹きになってしまい、ミラー感がなくなるので2度吹きをしました。ここまでは順調かな?? その後塗面コートの為にウレタンクリアーを吹く予定でしたので実際のボディではなく試し吹き用のジャンクパーツにウレタンクリアーを吹いてみました! するとミラー感がかなり低下・・・。う〜ん、だめだ・・・。どうしようか? スーパーミラーUコート用で指定のあるAMCクリアーを使ってみようと思い吹いてみましたが、吹き方が悪いのかよろしくない・・・。悩んだ末、クレオスの水性塗料を試しぶき用パーツに吹いてみましが、若干ミラー感が減る程度でコート前とほとんど変わらないミラー感は持続できそうです。これで実車に近いミラー感が得られたような? 実車はきらきら過ぎず適度なミラーな感じだと思うので丁度良いと思います。いざ実物のボディに吹いたらどうなるか少し不安ですが・・・たぶん大丈夫でしょう??? きっと・・・。
posted by Matsumoto at 11:40| 愛知 ☁| Comment(2) | マクラーレンMP4−26 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月15日

マクラーレンMP4−26 パート13

スーパーミラーUを塗るための下地処理に時間がかかってしまってます〜・・・。
MP4-26-38.JPG
研きだしましたが、乾燥が今一な感じなのでもう少し放置します。考えて見れば黒ボディを研くのは何年ぶり?? 黒って難しいですね〜。あまり研き過ぎると下が出てしまいますし、程よいところで仕上げないと。 

乾燥の合間にフロアー部分を
MP4-26-37.JPG
エキゾーストパイプはメタルの素材を活かそうと思いますのでコンパウンドで研いてフロアー全体にプライマーを吹きました。乾燥後、エナメルのスモークにガンメタを混ぜ薄めた塗料を焼き表現の為に吹いてます。この後マスキングしてフロアー部分は黒塗装します。カーボン部分をどうしようか? 実車のように部分的に切貼りで表現しようか? 悩むところです・・・。
posted by Matsumoto at 12:31| 愛知 ☔| Comment(0) | マクラーレンMP4−26 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

マクラーレンMP4−26 パート12

塗装をやり直しているMP4-26ですが、やっとブラック塗装まできました。
MP4-26-35.JPG MP4-26-36.JPG
今回は前回の失敗を生かしてメタルの下地を入念に研き、サフェーサー吹き後も入念に研き、ブラック塗装後のペーパーかけをしてます。今回は塗装ごとに面を入念に均していますので塗装の凹凸はまったく無いくらいの面ができました。今のところは順調? この後ウレタンクリアーを吹いて鏡面仕上げの後スーパーミラーUを吹きます。コンパウンドの細かいキズまで拾ってしまうので要注意です。スパーミラーUは何度か試し吹きをしましたので下地の鏡面が綺麗にできていれば問題なく塗れるはず・・・たぶん・・・(汗) しかし本番に弱い僕はどうなる事やら? 
posted by Matsumoto at 10:19| 愛知 ☁| Comment(2) | マクラーレンMP4−26 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

マクラーレンMP4−26 パート11

やり直しのボディは下地を丁寧に研いて再度サフを吹きました! 実は加工し忘れていた部分があってそこも同時に加工しました。
MP4-26-33.JPG MP4-26-34.JPG
加工し忘れていた部分はノーズ先端の穴、何て言うんでしたっけ? 楕円の穴を開けました! 前回の反省を生かしてサフから丁重に面を整えて行こうと思います。しかしこのボディカラーは神経使いますね〜・・・。何度も仕上げ研きをしないといけない感じです(汗)
posted by Matsumoto at 10:11| 愛知 ☁| Comment(0) | マクラーレンMP4−26 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

マクラーレンMP4−26 パート10

いよいよスーパーミラーUの塗装をと思っていたのですが・・・。
MP4-26-32.JPG
入浴しました・・・(泣)

サフ→ブラック→ウレタンクリアーを塗装し、下地を研いていたのですがピカピカにならないのです。ここ数日で下地によってどの程度スーパーミラーUに変化が出るのか試し吹きを数回してみたのですが、下地の出来具合によってかなり違います。完成時の仕上げ研き程度に仕上げておかないと美しい輝きが出ない事が判明。甘い気持ちで軽くコンパウンドで仕上げておくくらいでいいと思っていたのですが甘かったです。極力塗膜を薄くしたいのでウレタンクリアーは軽く吹いた程度だったのでボディ面が鏡面になる前に下地が・・・。サフ表面に残っていたペーパー目も露わに。これはやり直した方がいいなぁ〜と泣く泣く決断しました。しかしほんとシビアに下地が影響するんですねー。かなり気合入れて行かないと美しいミラー面は出来なさそうです。
posted by Matsumoto at 09:28| 愛知 🌁| Comment(0) | マクラーレンMP4−26 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月02日

マクラーレンMP4−26 パート9

塗装に取り掛かっているMP4-26ですが、下地のブラックを吹きました。
MP4-26-28.JPG
スーパーミラーUを吹く前に下地を平面に研くため、ブラック塗装後ウレタンクリアーを吹いて研きの途中ですが、乾燥が甘かったので少し放置中です。

果たしてスーパーミラーUがウレタンクリアーの上に吹けるのか心配だったので、ジャンクボディで試し吹きをしました。先回のジョーダンでウレタンクリアーまで吹いて失敗したフロントノーズがあったのでこれに。
MP4-26-30.JPG 
緊張しながらも試し吹きなので気楽に吹いてみました。口径の小さいブラシの方がいいと聞きましたので0.2mmのブラシでさらっと軽く吹いてみると薄い〜。下地がなかなか隠れない。しかし数回吹き重ねると綺麗なミラー感が出てきました。思わず凄いと思ってしまいました! 吹いた感じはとても良く凄くなめらかな塗料に思えます。

MP4-26-29.JPG
ウレタンクリアーの上でも大丈夫か確認の為に、しばらく乾燥させて試しに指でこすってみたら塗料が剥がれます。もしや? と思いましたが塗料の表面だけの剥がれなのでウレタンクリアーの影響はなさそうです。あと、指で触れるとその部分が白っぽく曇ります。専用クリアーでのコート前に触るのは厳禁ですね〜・・・。

乾燥の待ち時間にパーツの方を
MP4-26-31.JPG
リアのアップライト部分の冷却口を開口しました。開口と言ってもタガネで掘っただけですが〜。見栄えはかなり変わったかと?

次はいよいよ本番のスーパーミラーUを吹きます。緊張しますね〜・・・(汗)
posted by Matsumoto at 09:30| 愛知 ☁| Comment(3) | マクラーレンMP4−26 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。