2013年05月07日

マクラーレンMP4/4完成

また随分とご無沙汰してしまいましたが、MP4/4は完成しました! キットをお預かりしてから何日経ったことでしょうか?(大汗) かなりお待たせしてしまいました・・・。MP4-4-21.JPG MP4-4-22.JPG
今回はタミヤのキットを日本グランプリ使用に改造しての製作でしたので、サイドポンツーンのアウトレット? の位置を試行錯誤して悩みながら進めましたが、完成してみるといい感じに違和感なくできたと思います。

MP4-4-30.JPG MP4-4-31.JPG
前後のウィング翼端板は、あえてエッチングを使わずに、プラ部品を薄く削っての製作です。湖底にはリベットを使用し、エポキシ接着材で補強してあります。

MP4-4-24.JPG
ボディカウルは固定での製作でしたので、リヤのウィング付け根辺りをらしくパイピングしています。このボディカウル固定での製作の場合、ボディとアンダーパネルとの接着が肝になると思うのですが、通常全く合いません・・・。仮組み時にバッチリ合わせてピンを打っての固定にしてありますが、やっぱり隙間が・・・。エポキシ接着材を多めに使い、乾燥まで指で押さえる原始的な方法で固定してます。はみ出した接着材は綺麗に剥がして終了です。

MP4-4-25.JPG MP4-4-29.JPG
コックピットはほぼ素組みです。シートベルトのみディテールUPしています。

完成してみると、1/20もなかなか良いです! 1/43とはまた違った味があるような気がしてきました。自分用にも1台作ってみようかな〜なんて思います。実は次の製作も1/20で、スタジオ27のマクラーレンMP4/27です。またしてもミラークローム、それも先回作ったMP4/26よりもサイズがでかい・・・(汗) うまく塗れるのか〜? そんな心配を胸に秘めて進めたいと思います。実は5月4日に名古屋オフ会に参加しまして、お越しいただいたスタジオロッソさんにミラー塗装のコツを教えていただきましたので、実践してみようと思います。ミラー塗装がちょっと楽しみになってきました(笑) また、エヌエフさんや、Ws43さんの完成品に刺激をいただき製作意欲満々で帰ってきました。オフ会に参加されました皆さんその節は大変お世話になりました。次回もまたよろしくお願いします。

posted by Matsumoto at 13:31| 愛知 ☀| Comment(3) | マクラーレンMP4/4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月18日

マクラーレンMP4/4 パート4

先日デカールを貼ったのですが、間違いが発覚!! コックピット横のMariboro部分ですが、正しくはロゴの後ろにマークがあるのですが、間違ってロゴの前にきていしまいまして直しました(汗) デカールをまた頂きまして貼り直しました・・・反省(泣) 資料をしっかり確認しているつもりなのですが、甘いですね〜・・・。デカール乾燥後ウレタンクリアーを吹きました。
MP4-4-20.JPG

クリアー乾燥中にコックピットをほぼ素組みで進めてます。シートベルトは削りとって造り直しました。
MP4-4-14.JPG MP4-4-17.JPG MP4-4-19.JPG
いつも思うのですが、シートに表現してあるシートベルトを削り取るのって結構大変です・・・。この時代のキットだけなのかわかりませんが。最近は別パーツになってたりベルト生地らしきものが付いてたりですかね〜? 一応なんとかそれらしくなったかな〜と思います。フロントの足回りも組み終わりました!

タイヤロゴは塗装で表現しましたが、今回良い物をお借りして使ってます。
MP4-4-13.JPG MP4-4-16.JPG
このロゴの付いたメタルのパーツをタイヤに嵌めて塗装をすればマスキングが最小限で済むので楽です。ただ、密着が甘いとかなりボケてしまうので注意が必要でした。ホイールはZモデルのエアバルブを付けてます。
MP4-4-15.JPG
キットのロックナットがしょぼいので、と言うか、キットの物を1個無くしまして・・・(汗) 急遽、精密屋の物を使用しました。このロックナットでかなり足回りが締まる感じがしてとても良いです! 
posted by Matsumoto at 12:31| 愛知 ☀| Comment(2) | マクラーレンMP4/4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月04日

マクラーレンMP4/4 パート3

ボディ塗装の乾燥を待って、デカール貼りを終えました!
MP4-4-11.JPG MP4-4-12-2.JPG
キット付属のデカールはとても使えそうにないので、tabuデザインのデカールを使用しました。初めて使いましたが、薄く柔らかくて馴染みやすい感じで良いです。艶もあり、淵のクリヤー部分が少ないのでクリヤーコートしない場合はいい感じです。ただ、柔らかすぎて最初は焦りました。ソフター使ったらすぐ溶ちゃいそうだな〜と思いましたが、試しに余分な部分で使ってみましたがそうでもない感じでした。今回一切ソフターは使わずにすんなり貼れました。まぁほぼ平面ばかりでしたが・・・(照) デカール貼り中にボディの下部がブラック塗装だという事に気付き、急遽ブラック塗装しました。あ〜気付いて良かった(汗)

フロアー部分を組んでいきます。
MP4-4-12.JPG
今回はブラックに凝ってみようと思い、実車の資料をよーく見ながらツヤ加減の調整を入念に行いました。
分かりづらいですが、モノコック、フロアーはツヤを極力無くしてサスアームは若干ツヤを残してあります。ブラックのツヤの加減って難しいですね〜調合してもなかなか思う感じにならない事が多いですが、今回はい感じになった気がします! でもなんか写真が汚いですね〜(汗)
posted by Matsumoto at 10:51| 愛知 ☀| Comment(4) | マクラーレンMP4/4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月01日

マクラーレンMP4/4 パート2

かなり久しぶりの更新になってしまいました・・・(大汗) 前の更新は年明けでした(汗) 次は新年度・・・変わり目じゃないと更新しないみたいな感じになってしまいましたが、年明けからかなりのハードな日々で毎晩帰宅が遅くてなかなか更新できませんでしたが、新年度にもなり落ち着いてきましたので、またちょこちょこと更新しますのでよろしくお願いします〜。もう桜の季節ですね〜!

お預かりしているMP4/4も月日がかなり経っているので、もう完成させないととかなり焦ってはいるのですが、焦りは禁物と言う事で(照)

フロント・リヤのウィング翼端板がプラモデルの場合かなり厚みがあるので、薄く削る事にしました。
MP4-4-3.JPG MP4-4-1.JPG
ここでリヤウィングがかなり反っているのが発覚! どうしようかなぁと思いましたが、気になるので何とかしたいと思って裏側に切れ目を入れてプラ板を挟み込んで反りを直してみました! 他にいい方法が見つからなくて・・・。
MP4-4-5.JPG MP4-4-6.JPG
一応治りました!

フロントの足回り部は完成後にも見えるので、オモチャっぽいキットのままではちょっとと思い、加工しました。
MP4-4-2.JPG
こんな感じでそれらしくなったかな?

やっとの思いでボディ関連の修正が終わったので仮組みを。
MP4-4-8.JPG
こんな感じですね〜!

かなり飛びますが・・・(汗)
MP4-4-9.JPG MP4-4-10.JPG
下地にウレタンのサフを数回吹いて、パテ修正した部分の下地を念入りに念入りに! 完成後に修正した部分が浮き出たりしないように平面に形成してから、ラッカーのホワイトサフを吹き、再度下地調整。その後フィニッシャーズのピュアホワイトを吹いてます。乾燥後マスキングしてクレオスの蛍光レッドを吹いてボディカラーの完成です! なんとかマスキングラインもすっきりぬれました。はぁ〜一安心。このマシンはこうなるとかっこいいですねー! 



posted by Matsumoto at 09:57| 愛知 ☁| Comment(0) | マクラーレンMP4/4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。